PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あれから1年。

ボビー、あなたがお空に帰ってから
1年が経ちました。



         bobby.jpg


ボビー、あれから色んなことがあったよ。

1年経って、やっとママの気持ちも少しは落ち着いたかな?

昨日、ある人からメールが来てママの背中を押してくれて
あの時のことを書こうと思えるようになりました。

このblogにはあなたの全てを書き記したいから。



ボビーがお空に帰る前日のことです。

ほとんど寝たきりになった彼が、自らお店に出てきました。
歩くこともしんどいのに・・・。
そしてお店の中を見渡し、少し歩いてから
パパとママのお鼻をペロン!としてくれました。

これは彼の『大好きだよ』のサイン。

ママは涙がいっぱいあふれてきました。

しんどくて、痛くて、ツライはずなのに・・・
パパとママに愛情を表現してくれたボビー。

なんて強くて、優しいコなんでしょう。

そしてその夜、彼は真っ黒なうんPをたくさんしました。
呼吸も苦しく、横になっては起きて
また少し横になる。そんな状態でした。

朝になって、点滴をする為に病院に行きました。

足先が冷たくなってきています。
全身の循環が悪くなってきていました。

呼吸を楽にする注射をして、戻ってきました。

それから・・・









戻ってきたパパとママはお仕事をしていました。


ふとボビーを見ると、とても苦しそう。
パパが駆け寄り、ボビーを抱きかかえました。
もう、息も絶え絶えになっています。

パパはボビーに
「ボビー、オマエはオレの子供や!もう何も、何も心配せんでいいねんで。」
そう言いました。

その言葉を待っていたかのように
彼は大きく息を吸って、静かに眠りにつきました。

2月2日 お昼のことでした。

ボビーはパパの掌に顔を乗せて、安心したような顔をしていました。
cocoaちゃんの夢でも見ているような
そんな優しい顔でした。

ボビーの身体をキレイに拭きました。
拭いても、拭いても、ママの涙でボビーはぬれちゃいました。

愛犬との別れが、こんなにも辛いなんて・・・

でも、出てきた言葉は
『ボビー、本当にありがとう。14年間、ありがとう。』でした。


その日の夜、cocoaちゃんがお別れを言いに来てくれました。
cocoニィさんもたくさん、たくさん泣いていました。

次の日もお別れを言いに来てくれた人がたくさんいました。


枯れない涙もあるんだと、ママは初めて知りました。


私の母は『ペットロス』になるんじゃないかと心配したそうです。
大切な存在が亡くなって、悲しまない人はいない。
自分を責めたりもしました。
病院で元気なワンちゃんを見て、辛い気持ちになったこともあります。


でも、どんな思いよりも
『ボビー、ありがとう』の気持ちが強いのです。

彼がいたから、今の私たちがいる。
彼との闘病生活があったから、今のお仕事がある。
彼がいたから、たくさんの幸せがあったのだから。

ワンちゃんと暮らすということは
必ず私たちが看取ってやらないといけません。
辛くても、悲しくても、ありがとう。と言って見送ってあげたい。


いつまでも悲しみの中にいるわけにもいかないから
また、頑張っていくね。
悲しいモンは悲しいんだから。

ねぇ、ボビー
1年経って、ママも少しは強くなれた?

そうそう・・・
背中を押してくれたある人ってね、あなたの愛しいcocoaちゃんとcocoニィさん。



「ボビーくんの命日ですね。本当は行きたかったんだけど・・・ 時間的に無理そうなんで
 ボクとcocoaからやって お線香、あげといてください」
そうメールに書いてあったよ。

あなたがお空に帰ってからも、遊びに来てくれる仲間達・・・。

いつもあなたの遺影に挨拶して帰る心優しいcocoニィさん。
そんな出会いがあったのも、あなたがいたから。


ボビー、ありがとう。





また、会えた時は・・・
たくさん泣きながら、たくさん笑いながら話そうね。





| ぼびママのひとりごと。 | 18:00 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

さくらママさん

いつもありがとうございます。
ぼ~がさくおさんに『ワン!』って
言ったことがとってもいい思い出です^^
さくらママのコメントで
「男か女かどっちやねん!」のワン!だね~ってのが
最高におかしくって。
さくらママの優しさにはいつも感謝していますv-238

私もワンコって自分の最期はわかっていると思います。
たとえ看取ることができなかったとしても
それはそのコの思いやりでもあると思うのです。
みんなそれぞれの優しさを残して
お空に帰っていくんですよね。きっと。

さくらママ、さくおさん
これからもコタ共々、ヨロシクね♪

| ぼびママ | 2009/02/12 09:14 | URL | ≫ EDIT

ぼーさまがお空に帰ってもう1年・・・
ホントに早いですね。。。
でもぼーさまは幸せな最期だったんですね。
飼い主としては看取りたいと思うけどそれはみんなが叶うものでもないですもんね。。
最近旦那の実家のヨーキーが腎不全で5歳で亡くなりましたが
最期は病院でした。。。誰も看取ることもできずで。。。
ワンコは自分の死期を分かってますよね。そして挨拶に・・・
すみません。何か読んでて考え深くて。。。

でもホントにぼーさまが残してくれたものは大きいですね。
コタもぼーさまがいたからcocoroさんに来れたんだし^^
出会いってステキですね^^
今後ともさくら共々よろしくお願いいたします☆

| さくらママ | 2009/02/11 00:51 | URL | ≫ EDIT

いつもありがとうございます。
1年って早いですね~
今、こうやって頑張れるのも
ビー仲間の支えがあったからです。
色々とお気遣いいただいて
本当に感謝しています^^
いつか「別れ」はやってくるもの・・・
でも同じ時間を笑顔で共有できたら
とっても幸せですね♪
今後もヨロシクお願いしますね!

| ぼびママ | 2009/02/09 11:29 | URL | ≫ EDIT

あゆみさん

いつもありがとう。
姿がワンコってだけで・・・家族なんですよね^^
そんな気持ちにさせてもらえるって
とってもありがたいことだなぁ~って
いつも思います♪

| ぼびママ | 2009/02/09 11:05 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/02/09 01:03 | | ≫ EDIT

いつもいつも全てのワンコに対して
深い愛情を注いでくださるぼびママ・パパさんありがとう。

みんなに愛されていたボーちゃん。
ボーちゃんと・パパとママの強い絆を感じました。
とっても素敵な「家族」ですね。

私も家族であるこのコ達に「ありがとう」って言って
この腕で看取りたいです。
ぼびママさんのBlogを読んで
更にこのコ達がいとおしくなりました。

| もん銀お世話係りあゆみ | 2009/02/08 21:50 | URL | ≫ EDIT

Re: Re: タイトルなし

> ずっとずっと、マブダチだぜ!
> by;ボビー

| ぼびママ | 2009/02/06 12:42 | URL | ≫ EDIT

ぼび様はずっと友達だv-411

| cocoニィ | 2009/02/04 21:54 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。