PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

模索

 調べる・聞いてみるetc・・・。

ぼーの治療をどうするか、毎日パパと相談した。
仕事の合間を見てはインターネットで調べてみた。
パパは眼球摘出するまでの手術には否定的だ。ぼーの年齢が
気がかりな様子。
私は病院関係で仕事をしていたせいか、悪性腫瘍は大きく切除する
という理屈はわかっていた。
ただ、なぜ眼球まで切除する必要があるのかが疑問として残っていた。
そして、D先生の所へ相談に行った。
まず、眼球摘出のリスクを聞いてみた。
「犬はさほど視力が重要という事はないですよ。ただ、視野は狭くなるでしょうから、性格によっては臆病になるコもいるかもしれませんね」 
そして正直に聞いてみた。
「先生、マージンが必要なのは理解できます。なぜいきなり眼球まで摘出なのか、少し納得できなくて・・・。」
D先生は私たちの不安を察して下さったようだった。
「確かに肥満細胞腫を摘出するなら、マージンといって余分に切除する
 部分が3センチは必要とされています。それはタテ・ヨコ・下方向に
 必要なんです。ボビーちゃんの場合は瞼のすぐ上なんで、下方向と
 なると頭蓋骨になりますよね。だから、念のため眼球摘出も。
という事だと思います。
 あくまでボク個人の意見ですが、飼い主さんの気持ちを考えると
 いきなり眼球摘出ではなくて、腫瘍をまず摘出してから状態を診て
拡大手術をする。 それでも遅くないのでは?と思います。」
D先生に相談して、ス~ッと胸のつかえが取れた気がした。
ぼーにも聞いてみた。
   「ぼー。ぼーはどうして欲しい?おめめを取りたくないよね?」
むろん答える訳ないけど。
      20051003195642.jpg

| 病気に負けない! | 20:05 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんわ。
1つ1つ納得できない事は早く解決できるといいです。
私もそうでした。なんで?とか・・・
胸のつかえが取れたような気がする
気持ちわかる様な気がします。
ぼびママさんが、納得できる治療こそ最善の治療だと思いますよ。
なにも間違ってる事などないです。
すべてが・・・。

ぼーくんがんばれ!
病気になんて負けないで!!

| きゃぶくれ★   | 2005/10/03 22:52 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bobilog.blog23.fc2.com/tb.php/18-a3cbf67e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。