PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お星さまになった・・・。

 お星さまになったリッキー。


2006年2月8日。
妹のところのフェレット、リッキーが虹の橋へと旅立っていきました。
ガンと闘って約2年・・・。
全身の腫瘍摘出。抗がん剤治療。
本当によく頑張りました。

彼女はむつきとリッキー、二匹のフェレットと暮らしていました。
むつきも、リッキーもガンでした。
家族でガンと闘った日々でした。
              
            riki1.jpg
        いたずらっコであまえんぼうのリッキー

            mutuki.jpg
            はずかしがりやさんのむつき

ぼーの肥満細胞腫が判って、眼球摘出を含めた手術をするか
抗がん剤治療をどうするか・・・
悩む私たちを、妹は励ましてくれました。
経験からくる言葉は、とても心に響くものがありました・・・。





少し長くなりますが、妹からのメールです。
病気と闘う家族の「愛」がいっぱいです。
リッキー、むつきが頑張った記録を残したくて
ブログに載せます。


リッキーが天国に逝きました。
2月8日に日付がかわってまもなくでした。
二年前、なつきの受験前に死なす訳にはいかないと
手術や抗がん剤に始まり、最近は毎日の点滴の皮下注射に通っていました。
助からない命ではありましたが・・・。
六月のお誕生日まで生きているかどうか?
夏を越せない、冬までもたない…などと獣医の先生に言われつつ、
一緒に年を越せました。
よく頑張ってくれたでしょ?まだ意識がはっきりしている時に、
『次に生まれてくる時はなつきの子供になって逢いに来てね』って
お願いしたよ。 痛い時に痛いって言える人間に…
今は天国でむつきと再会しているかも?
相変わらず嫌がれて噛まれてるかもしれないです。
お骨は業者さんがビックリする位、しっかりしていました。
ペットの為に出来るだけの事をしてあげて…と言ったけど
自分自身、飼い主のエゴじゃないか?と悩む時もありました。
高い治療費、 仕事との両立。
そして何より毎日首に注射をされて嫌がるリッキー…
自然のままに死なせた方がいいのかな?なんて思った時もありました。
助からないのは解っていたので…
でもお骨をみた時に苦しむ時間が少なくてよかったと確信しました。
むつきのお骨はあまりにも脆くて拾えなかったんだよ。
ぼーも寿命がある限り死はいつか訪れます。
最善を尽くしても尽くさなくても後悔はするけれど…
死を宣告されてからの一年余りの時間は、大切な思い出となりました。
毎月の三重参り、途中でくじけそうになる事もあるかと思います。
たくさん悩んでいっぱい泣いてあげて下さい。
良いか悪いか答は見つからなかったです。
今は・・・苦しむリッキーが獣医の先生の手にすがるように
頬ずりした事だけが、
注射の後に褒めて下さった看護士さんの抱っこに目を
細めて喜んでいた事が思い出されます。
ぼーが長生きできるように祈っているからね。 頑張ってね。



色々と悩みながらの闘病でした。
何が最善なのか、『答え』をさがしながら、
物言えぬ家族の為に一生懸命だった日々・・・。


ママもぼーの為に、色々悩みました。
どれが最善の治療なのか、どれが正しい『答え』なのか
とても悩みました。もちろん今も・・・。
でも、愛する家族の為に力を尽くした彼女と、
彼女の娘、なつきの姿そのものが『答え』なんだと思っています。



| 病気に負けない! | 21:00 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

きゃぶくれ★さん、ありがとう。
命を預かる責任、ほんと重いですね。
だからこそ、必死になって守ろうとするし
病気と闘う力にもなります。
以前、獣医さんに「飼い主さんが決めた治療が
そのコにとって一番ベストな治療なんです。」
って言われたけど、その意味がわかったような
気がします・・・。

| ぼびママ | 2006/02/18 18:41 | URL | ≫ EDIT

ぴょんきちさん、ありがとう。
うさぎさん飼ってるんですね~
生きるものすべて、いつかは死がおとずれるけど、だからこそ命は大切なんだって思います。
うさぎちゃん、大切に育ててあげてくださいね。

| ぼびママ | 2006/02/18 18:37 | URL | ≫ EDIT

涙。

リッキーちゃん虹の橋を渡ったんだね。
よくがんばったね・・・
気持ちが少しわかる気がするよ
ウチも火葬に行った時
同じだったから・・・

命を預かってるて責任があるんだよね
どうして欲しいのか?とどうしてあげたいか?
の違いなど、エゴかな?と思う事も私もありました
どれだけ大事に思っているか・・・が大切なんだと思う。
愛情の形っていろいろだもんね。

ぼーくん、リッキーの分まで長生きしてあげてね。
リッキーちゃんのご冥福を心からお祈りしています。

| きゃぶくれ★ | 2006/02/18 16:18 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます・・・。
大変でしたね。
なんとも悲しい・・。
私も兎を飼っていますが、いつ死ぬか分らないし、毎日がドキドキ・・・・。

一匹の命を大切してあげられた、っと思わないと・・・・。
きっと、楽しい毎日だったのでしょうね・・・。
また、頑張ってください・・・。
早く、たちなおってくださいね。

| ぴょんきち | 2006/02/18 14:07 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。